あいしサービス

時折、お客様で『うっかりしていて名刺が数枚しか残っていない。急ぎでなんとかしてほしい』とご依頼をいただく事があります。もちろん当店では喜んでできる限りの知恵を絞ってご希望に添えるよう努力させていただき又、頼っていただきありがたい限りなのですがお客様の立場で考えれば、取引先で『名刺を切らしておりまして・・・・。』と場合によっては失態ともとられかねない事態は当店をご利用いただくお客様には避けていただきたいと願っております。そこで当店ではお買上げいただく名刺に間紙(あいし)を挟む事で少しでもお客様のお役に立てるのではないかと考えこのサービスをはじめさせていただきました。

間紙(あいし)とは印刷業界用語で“印刷物等の一定数量ごとに挟む目印の紙”の事を言います。名刺にこの間紙(あいし)を挟むのはその手間等を考えると恐らく珍しいと思いますが、これがある事により『あと名刺は○○枚あるな』と頭の隅っこにでも置いてもらえるのではないかと考えております。

名刺100枚入りのケースの場合、残り枚数が75枚、50枚、25枚の位置に。 名刺50枚入りのケースの場合は、残り枚数が35枚、20枚、10枚の位置に名刺サイズの間紙を挟んでいます。

使い方の一例として、一般的に名刺を使用する際、名刺は購入したケースのまま机の引き出しの中などで保管しておき、そこから一定数量をケースの上部から抜き出して名刺入れの中にいれ持ち歩くと思います。その際に上から30枚を名刺入れにいれ上から順番に使用していけば、26枚目に間紙がでてきますので、『机の引き出しには、まだ75枚あるな』と把握する事ができ、名刺注文の時期を判断する目安にもなると思います。あたりまえの事なのですが、これがアルのとナイのとでは名刺切れを避ける事においてはかなり違ってくると思います。又、間紙には“お客様番号”も記載しておりますので再注文の際にも便利です。くれぐれも名刺と間紙を間違えて差し出さないように注意してください。

ご購入ガイド

名刺注文5つの安心ポイント
あいしサービス
救援名刺

海外への発送について

商品の発送につきましては日本国内のみとさせていただきます。大変申し訳ございませんが海外への発送は行っておりませんのでご了承ください

お客様情報について

当サイトにてご注文の際、ご入力いただきましたご住所、電話番号、メールアドレスなどの個人情報は制作・発送・ご連絡等の当店業務のみに使用させていただきます。外部への情報提供や各種調査を目的とした使用は一切ございません。

Topに戻る